名古屋で弁護士に相談するなら愛知総合法律事務所 無料電話法律相談実施中

法律相談専用ダイヤル
052-212-5275
受付時間平日・土日】9:30〜18:00

個人のご相談

借金問題

借金問題に関してのお悩みご相談ください

借金問題に関してお悩みではございませんか?

借金問題の解決、債務整理とは?

借金を抱えて、自分の収入では返済ができない状態になってしまって困っている人は、借金を整理することによって、借金生活から脱出できる方法があります。

借金の整理の方法(債務整理の方法)にはどんなものがありますか?

債務整理の方法としては、主に、次の3つのものがあります。
(1)任意債務整理、(2)自己破産、(3)民事再生というのがそれです。

任意債務整理とは?

債務整理の方法としては、大きく分けて、

裁判所で借金をなくしてもらったり減らしてもらったりする方法と、
裁判所を利用しないで債権者と交渉して解決する方法があります。

裁判所で借金をなくしてもらったり減らしてもらったりする方法を法的債務整理といいます。先に述べた(2)自己破産や(3)民事再生は裁判所を利用して行う債務整理なので、法的債務整理に含まれます。後で詳しく説明します。

これに対して、裁判所を利用しないで債権者と交渉して解決する方法を(1)任意債務整理といいます。
任意債務整理のメリットは、主なものとしては、

A:債権者ごとに柔軟な対応ができる
B:面倒な書類を集めたりする必要がない

これは、裏返せば、法的債務整理のデメリットである、A:全ての債権者を同じように扱わなければならない、B:様々な書類を収集・作成して裁判所に提出しなければならない、ということがないためです。

なお、A:債権者ごとに柔軟な対応をできるというのは、例えば、一部の債権者を債務整理の相手から外すことができるということ、債権者ごとに条件の違う交渉方法を用いることもできるということです。

一部の債権者を債務整理の相手から外すことができるので、例えば、知人・友人や利息が高くない銀行の借金は債務整理の対象にせず、消費者金融業者だけを相手にして手続きを執ることもできます。また、債権者ごとに条件の違う交渉方法を用いることもできるので、借金の額の少ない債権者には一括で支払いをして、その他の債権者に対しては分割で支払いをするよう求めることも可能なのです。

これに対して、任意整理のデメリットは、裁判所を通さないため、強制力のない手続きであるということです。したがって、相手方が強硬な態度であるときは、解決ができないこともあります。

自己破産とは?

自己破産とは、おおざっぱに言えば、持っている財産を投げ出す代わりに、借金を免除してもらって、経済的にやり直す制度です。
自己破産のメリットは、免責を受ければほぼ全ての債務を免れることができること(※)、強制力がある手続きであるため反対する債権者がいてもできること、です。

自己破産のデメリットは、全債権者を完全に平等に取り扱わなくてはならないということ、原則として、持っている財産を処分しなければならないこと、裁判所に自らの情報を全て明らかにしなければならないこと、一定の理由があると免責を受けられないこと、です。

※税金、故意に加えた損害など、一部免れることができない借金もあります。

民事再生とは?

民事再生とは、おおざっぱに言えば、債務の一部を一定期間内に支払うという計画を裁判所に提出し、裁判所がその計画を認めてくれた場合に、その計画どおりに支払いをすると、残りの債務の返済を免除してもらえるという手続きです。

民事再生のメリットは、破産と比較して、財産を残したまま債務を整理することができる、特に、住宅を守りながら手続きをすることができる、ということと、仮に破産免責を受けられないような場合であっても民事再生はできるということです。

民事再生のデメリットは、破産と比較して、債務の一部は支払わなければならず全部が免責されるわけではないこと、裁判所で認めてもらった計画どおりに支払い終わるまで債務が残っていること、です。

弁護士に相談しよう

いずれの方法を採る場合も、弁護士に委任をした時点で、弁護士が受任通知を債権者らに送ります。この受任通知を送ると、消費者金融業者などは、直接に債務者に連絡を取ることができなくなるので、取り立ての電話に悩んでいる人にはとても大きい効果が大きいです。

まずは、弁護士に相談してみましょう。

簡易事例

事例はございません。


ページの先頭へ
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目2番29号 ヤガミビル5F・6F(受付は6F)
TEL:052-971-5277 FAX:052-971-7876