名古屋で弁護士に相談するなら愛知総合法律事務所 無料電話法律相談実施中

法律相談専用ダイヤル
052-212-5275
受付時間平日・土日】9:30〜17:30

ブログ Blog

面接交渉
2009年11月13日

面接交渉とは、父または母が子と面接やそれ以外の方法で、交流をすることをいいます。
面接交渉の方法(面接の回数、場所等)について、離婚時に決めることになります。必ずしも方法を決める必要はありませんが、離婚してしまうと、話し合う機会がなくなってしまうかもしれないので、離婚時に決めておくことがスムーズです。
では面接交渉についてどのように決めるのでしょうか。
まずは、両親の話し合いで決めます。
話し合いがまとまらなかった場合は、家庭裁判所に調停・審判を申し立てることになります。
調停においては、子の年齢、父母のそれぞれの生活状況、両親の関係、年齢によっては子の意思も考慮し、決めていきます。
子にとにかく会いたい、あるいは、相手に絶対会わせたくない、という感情が先行してしまいがちですが、子の面接交渉を決めるにあたっては、子の福祉にとってどうなのか、という観点から考えることが重要です。
Q.相手が子を連れて実家に帰ってしまいました。別居して以来、子に会わせてもらっていません。離婚について話し合っていますが、条件が折り合わず、まだ成立していませんが、子に会うことはできますか。
A.離婚前でも、両親が別居中であれば、面接交渉を求めることはできます。話し合いで決まらなければ、調停・審判を申し立てることになるでしょう。
ただ、離婚後とは異なり、夫婦の問題が解決していない不安定な状態でもありますので、その紛争にむやみに巻き込まないよう、子に対する配慮は必要になってくるでしょう。
Q.調停で、子に月1回会うことになりましたが、相手が一切会わせてくれません。会わせてもらう方法はないでしょうか。
A.調停や審判で決めたのに、相手がそれに従わない場合、家庭裁判所に履行の勧告を求めることができます。
また、強制執行手続きもとることができますが、無理やり会わせるという直接強制でなはなく、賠償金を支払わせることによって、心理的に履行を強制する、間接強制の方法によることになるでしょう。
離婚をして、一方の親が子を引き取ったとしても、他方の親も、子の親であることには変わりありませんし、子の成長にとっても、養育されていない親に合うことは大事なことといえます。
子に会いたいのに会わせてもらえない、面接交渉の方法をどう決めていいかわからない、等悩んだ場合は、弁護士にお気軽にご相談ください。

無料電話法律相談 法律全般OK

最近の記事

月別アーカイブ


ページの先頭へ
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目2番29号 ヤガミビル5F・6F(受付は6F)
TEL:052-971-5277 FAX:052-971-7876