名古屋で弁護士に相談するなら愛知総合法律事務所 無料電話法律相談実施中

法律相談専用ダイヤル
052-212-5275
受付時間平日・土日】9:30〜17:30

ブログ Blog

高校生の職場訪問
2010年11月12日
弁護士 森田祥玄

11月12日、愛知県春日井市にある、春日丘高校一年生の生徒7名が、進路学習の一環として、名古屋事務所に「職場訪問」に来て下さいました。
春日丘高校は、原田先生の以前の勤務先であり、長谷川先生の母校です。社労士の両先生にとっては、(自称)バスケ部として汗を流した思い出の高校でもあります。
弁護士業務については私が、司法書士業務については浅井先生が、社労士業務については原田先生と長谷川先生が、パラリーガル業務については事務局の篠田さんが、それぞれ20分ほど概略を説明し、質疑応答を行いました。
私は、弁護士業務の概要を、法律相談、民事裁判を中心に話をしました。借金問題を解決したときの依頼者の喜びや、不当解雇における労使双方の苦しみと解決による新たな船出、交通事故紛争における被害者の苦しみや加害者の苦しみなどを、やりがいを交えながら、お伝えしました(まあ、実際はそんなかっこよく話していませんが・・・)。
もちろん高校一年生に夢だけを抱かせるわけにもいきません。名古屋で弁護士を目指す方法、弁護士を目指すことに伴うリスク、長い道のりや現状も、包み隠さずお話ししました。
「それでも、是非とも弁護士を目指して欲しい!愛知県で、できれば名古屋で弁護士として働いて欲しい!」とお伝えして、私の説明を終えました。
そのあと、浅井先生が「是非とも司法書士を目指して欲しい!」と語り、原田先生が「是非とも社労士を目指して欲しい!」と語りました。次第に弁護士、司法書士、社労士のプレゼンテーション会になりつつあるところで、おひらきとなりました。
ちなみに、いかに原田先生と長谷川先生が優れた社労士であるか、いかに原田先生がマラソンが得意であるか、フットサルが上手いかなども、ことある毎に必要以上に強調しておきましたので、両先生の後輩に対する威厳も保つことができたのではないかと思います。
今回の職場訪問をきっかけに、弁護士や司法書士、社労士や、弁護士事務所の事務員になってみようかと思って下されば、幸いです。そして、名古屋で働いて下されば、もっと幸いです。

無料電話法律相談 法律全般OK

最近の記事

月別アーカイブ


ページの先頭へ
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目2番29号 ヤガミビル5F・6F(受付は6F)
TEL:052-971-5277 FAX:052-971-7876