名古屋で弁護士に相談するなら愛知総合法律事務所 無料電話法律相談実施中

法律相談専用ダイヤル
052-212-5275
受付時間平日・土日】9:30〜17:30

ブログ Blog

「新年度を迎えて」
2015年4月15日
名古屋丸の内本部事務所 弁護士 中島悠介

はじめまして。本年から,名古屋丸の内本部事務所で勤務しております,弁護士の中島悠介と申します。どうぞよろしくお願い致します。
 名古屋では桜も散ってしまったというのに,最近は寒の戻りで冷え込みが強くなっていますね。8日には,東京都心で降雪が観測されたそうです。寒暖の差の大きい季節柄,体調管理には,充分気をつけたいものです。
 さて,新年度を迎え,新しく勤務を始めた方や就職活動真っ最中の方も多いのではないでしょうか。私が勤務している名古屋丸の内近辺でも,リクルートスーツ姿の方を多く見かけるようになりました。
 ところで,多くの企業では,入社後一定期間を「試用期間」としています。試用期間とは,一般的には,会社が一定期間中に労働者(新入社員)の人物・能力を評価して本採用とするか否かを決定するという制度です。では,新入社員の皆さんは,せっかく苦労して入社したのに,試用期間中であれば,会社は無条件に本採用を拒否できるのでしょうか。
判例によれば,通常の試用は,会社と労働者との解約権留保付労働契約と考えられています。つまり,試用契約も当初から期間の定めのない通常の労働契約だが,試用期間中は,使用者に労働者の不適格性を理由とする解約権が留保されていると考えるのです。判例は,この考え方に基づき,試用期間中は通常の解雇より広い範囲において解雇の自由が認められるが,本採用の拒否(留保された解約権の行使)には,客観的に合理的な理由があり,社会通念上相当と認められることが必要であるとしています。
したがって,会社は,本採用の拒否に相当する労働者の適格性欠如の判断の具体的根拠がなければ,試用期間中といえども,労働者を一方的に解雇することは認められないといえるでしょう。
労働関係の問題は,会社との関係,職場の人間関係など,様々な事情から法的手段をためらいがちなものです。しかし,訴訟や審判などの法的手続以外にも,会社への対応方法のアドバイスなど,我々弁護士にお手伝いできることはたくさんあります。
当事務所では,名古屋を始めとする東海地方在住の方を対象に,電話での無料法律相談も実施しています。一人で悩まず,まずは一度ご相談ください。

無料電話法律相談 法律全般OK

最近の記事

月別アーカイブ


ページの先頭へ
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目2番29号 ヤガミビル5F・6F(受付は6F)
TEL:052-971-5277 FAX:052-971-7876