名古屋で弁護士に相談するなら愛知総合法律事務所 無料電話法律相談実施中

法律相談専用ダイヤル
052-212-5275
受付時間平日・土日】9:30〜17:30

ブログ Blog

2017年4月の記事一覧
2017年4月19日
岐阜大垣事務所所長 弁護士 佐藤 康平

 弁護士法人愛知総合法律事務所は,平成29年4月3日に,岐阜県大垣市に,岐阜大垣事務所を開設いたしました。
 これまでに開設をいたしました,名古屋丸の内本部事務所,小牧事務所,津島事務所,名古屋新瑞橋事務所,春日井事務所,名古屋藤が丘事務所,日進赤池事務所,高蔵寺事務所に続く9番目の事務所開設です。岐阜県内には,初めての開設となります。
 岐阜大垣事務所は,主に大垣市,海津市の2市,安八郡(神戸町,輪之内町,安八町),揖斐郡(揖斐川町,大野町,池田町),養老郡(養老町),不破郡(垂井町,関ケ原町)の4郡9町で構成されている,いわゆる西濃地域及び岐阜市近郊にお住まいの皆様に,当事務所がこれまでに蓄積してきた上質なリーガルサービスを,より身近にご利用頂くために,開設いたしました。
 岐阜大垣事務所は,皆様により気軽にご利用頂くため,JR大垣駅北口すぐの「光和ビル」内に事務所を構えております。
 西濃地域,岐阜市近郊にお住まいの皆様のために,所員一同,誠心誠意努力していく所存ですので,岐阜大垣事務所に,何卒,ご支援・ご厚情を賜りますよう,お願い申し上げます。

2017年4月3日
名古屋丸の内本部事務所 弁護士 水野 憲幸

3月は裁判官の転勤の時期です。

概ね3年程度で、転勤が行われます。

当職も行くことが多い、名古屋地方裁判所においても多数の裁判官が転勤されました。

裁判官の転勤によって、事件の担当裁判官が交代することになります。

裁判官によって、考え方が異なることがあり、裁判官が交代することによって、有利になることもあれば、逆に不利になってしまうこともあり得ます。

裁判官の交代は、避けることができませんので、対策を講じる必要があります。

特に、本人尋問、証人尋問などの尋問における言外の印象を、新しい裁判官にも理解してもらう必要があります。

尋問が行われた後は、尋問調書という形で、書面で記録が残り、引き継がれることになります。

そのため、質問に対して、即答したのか、沈黙した後に回答したのか等の尋問に対する反応、動作、感情の起伏等は、尋問の際に、言葉として、調書に残る形にする必要があります。

これらは、弁論の全趣旨として、裁判官の心証形成に影響することが考えられるからです。

できる限り、書面として残る形にすることが必要となります。

これらの対策は、控訴審等においても生きることとなります。

控訴審等においても、第一審の記録を見て、判断が行われるためです。

愛知総合法律事務所は、多数の弁護士が在籍しているため、裁判所には、当事務所の事件が多数係属しています。

そのため、裁判官の情報についても、情報を共有することができることも強みの一つとなります。

交代した新しい裁判官についても、情報を共有していくこととなるでしょう。

裁判官が交代する事件も、そうでない事件もありますが、4月から、改めて、気持ちを引き締めて職務に邁進していきたいと思います。

無料電話法律相談 法律全般OK

最近の記事

月別アーカイブ


ページの先頭へ
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目2番29号 ヤガミビル5F・6F(受付は6F)
TEL:052-971-5277 FAX:052-971-7876