事例一覧事例一覧

調剤薬局におけるM&A

小売業

相談内容

当社の業界は,小規模に事業を営む店舗も多くあり,また,高齢化の波が押し寄せております。そこで当社は,株式の買い取りや事業譲渡を受けることで,小規模の店舗を引き取り,地域社会に貢献しようと考えております。

解決までの内容

まずは希望を聴き取り,対象会社を買い取る際にどのようなリスクがあるのかを検討いたしました。そしてリスクに関する調査を可能な範囲で行い,不透明な部分は契約書の条項を工夫することでリスクの軽減を図りました。

その結果,比較的低コストでのM&Aに成功しました。

顧問弁護士がいる場合のメリット

大きな証券会社やM&Aを専門にしている企業に委託をすると,高額な費用がかかることがあります。

もちろん企業規模や案件によっては費用をかけてデューデリジェンスを行うべき場面もあります。しかしどこまでコストをかけてよいのかはケースバイケースです。顧問弁護士がいれば,会社内部のことを理解しており,本件M&Aにどこまでコストをかけるべきなのかについても,率直な意見を伝えることが可能です。また,タイムチャージ方式で弁護士に業務を依頼することもできます。

一度,M&Aにつきましても,当事務所にご相談ください。