事例一覧事例一覧

競合他社から転職社員を引き受け,同社員が担当していた顧客と新規取引を行ったところ,競合他社より損害賠償請求を受けました

製造業

相談内容

競合他社から転職社員を引き受け,同社員が担当していた顧客と新規取引を行ったところ,競合他社より損害賠償請求を受けました。支払いに応じなければならないのでしょうか。

解決までの内容

社員から退職時の競業避止義務に関する書面取り交わしの有無,内容等を聴き取り,顧客様より新規取引に至る経緯や内容をヒアリングした上で,競業避止義務違反に基づく損害賠償義務はないとの法的見解を固め,競合他社相手に拒否回答通知を送付しました。その結果,損害賠償請求に応じることなく,請求を断念させることが出来ました。

顧問弁護士がいる場合のメリット

顧問弁護士であれば顧問契約時に会社の業種だけでなく,規模や取引相手,取引内容なども詳細に聴き取りさせていただきます。また継続的にお付き合いさせていただくことで,会社の現状なども把握が可能となります。そういった基本的な関係性の下,いざ紛争が生じた場合に,迅速かつ適切な対応を行うことが出来,訴訟等の法的紛争を未然に防止することが可能となります。同業他社より転職社員を引き受ける際の注意点なども顧問弁護士がいればアドバイスを受けられますので,より紛争を回避することが容易となります。