法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

MENU

法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

弁護士ブログLawyer’s Blog

残業代の不払い

2009年4月6日

残業代不払いの法律相談を受けた場合、まずは契約や勤務の形態をチェックする必要があります。
勤務の形態により、様々な法的論点が生じます。
例えば裁量労働時間制をとっているからといって、直ちに残業代を諦めてはいけません。
裁量労働時間制を採用するための要件を欠く企業も多いようです。
その結果、残業代金を請求できることもあり得ます。
残業代不払いは、タイムカードがあれば、原則としてタイムカードに従い請求できるのが実情です。
タイムカードがない場合は、電子メールや業務日誌等で判断をすることになります。
また、本人の詳細なメモがあれば、それが証拠になることもあります。
「パソコンを使った時間は働いていただろうと推認できる」とする裁判例もあります。
まずは弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

電話・面談相談初回無料相談土日相談実施中

法律相談専用ダイヤル

電話相談での対応可能案件

離婚・相続・交通事故・借金・刑事事件
労働・企業法務・裁判所からの書類対応

  • ※電話相談は原則当日中の対応ですが即時対応ではございません。
  • ※匿名でのご相談は対応しかねます。
  • ※東海三県以外にお住まいの方は、面談相談でのみ承っております。