重要なお知らせ

新型インフルエンザ特別措置法に基づく緊急事態宣言が一部解除されたことを踏まえ、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の事務所では初回面談法律相談の受付を再開いたしました。引き続き感染予防対策を実施して参ります。詳しくはこちらを覧ください。
【当事務所の感染防止対策はこちらをご覧ください】

法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

MENU

法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

弁護士ブログLawyer’s Blog

離婚の手続き

2009年7月8日

離婚には、大きく3つの手続があります。
一つめは、裁判所を使わず、話し合いで解決をする、協議離婚です。
離婚全体では、最も大きい割合を占めます。
弁護士に依頼をしたうえで協議離婚をすることもあります。
2つめは、家庭裁判所の調停手続で離婚をする、調停離婚です。
調停委員と呼ばれる、離婚手続きの知識に富んだ先生方が間に入り、話し合いを行います。
必ず法律に従った解決がなされるわけではありません。
あくまでも話し合いの手続です。
3つめは、裁判離婚です。
裁判をすることとなっても、途中で和解をすることも多く、最後まで話し合いは継続されます。
いきなり訴訟を提起することは、原則としてできません。
まずは調停を行い、話し合いがまとまらなかったときに、訴訟を提起することになります。
Q 調停手続では、相手方と顔をあわせなければいけないの?
A 交互に調停委員と会話をする方式をとっておりますので、話し合い自体は、顔を合わせずに進めることは可能です。
 但し、合意が成立する場面などは、原則的には顔を合わせる必要があります。
 DVの被害者などは、あらかじめ裁判所に相談することにより、できるだけ顔を合わせない工夫をしてもらうことができます。
Q 相手から調停を申し立てられました。既に裁判所へ行く日にちが決まっているのですが、弁護士に委任できますか?弁護士の都合が悪かったら、日にちがあわなかったら、委任できないの?
A 裁判所へ行く日が決まっていて、弁護士の都合が悪い場合は、弁護士から、期日の変更等を裁判所に申し出ることになります。遠慮なく弁護士に伝えて下さい。

電話・オンライン・面談相談 初回相談無料・土日相談実施中

法律相談専用ダイヤル

電話・オンライン相談での
対応可能案件

離婚・相続・交通事故・借金・刑事事件
労働・企業法務・裁判所からの書類対応

  • 利益相反禁止により相談をお断りする可能性があります。
  • ※電話相談は原則当日中の対応ですが即時対応ではございません。
  • ※匿名でのご相談は対応しかねます。
  • ※東海三県(愛知・岐阜・三重)および浜松周辺(静岡県遠州地区)以外にお住まいの方は、面談相談でのみ承っております。