法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

MENU

法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

弁護士ブログLawyer’s Blog

裁判上の離婚原因2

2009年7月30日

3 配偶者が生死不明な場合
配偶者が3年以上生死不明な場合、法はそれを離婚原因としています。
ちなみに、7年間生死不明な場合は、失踪宣告により、婚姻を解消することもできます。
失踪宣告の場合、財産関係について死亡と同様の法的扱いがなされますので、配偶者の財産を相続することができます。
単に離婚をしただけの場合と、大きな違いがありますので、一度専門家に相談した方がよいでしょう。
4 強度の精神病
 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない場合も、法は離婚原因としています。

 これらは、医師の判断が重要視されるのが実務ですが、医師の判断と法的判断が必ず合致するわけではありません。

 精神病になったからといって、その精神病になった配偶者には責任はありません。
 そこで、離婚を求める人は、療養看護に努め、きちんと病者の今後の生活の見通しが立ち離婚をしても生きていけるようにする、努力が必要となります。
 場合によっては、強度の精神病で回復の見込みがない場合であっても、裁判所の裁量で離婚請求を棄却しうるとされています。

 配偶者が精神病となるのはとてもつらいことですが、容易に離婚できるわけではなく、十分な努力と誠意が必要となることには、十分ご留意下さい。

電話・面談相談初回無料相談土日相談実施中

法律相談専用ダイヤル

電話相談での対応可能案件

離婚・相続・交通事故・借金・刑事事件
労働・企業法務・裁判所からの書類対応

  • ※電話相談は原則当日中の対応ですが即時対応ではございません。
  • ※匿名でのご相談は対応しかねます。
  • ※東海三県以外にお住まいの方は、面談相談でのみ承っております。