重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

MENU
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

弁護士ブログLawyer’s Blog

裁判上の離婚原因3

2009年9月14日

・ドメスティックバイオレンス
 身体的、精神的暴力により婚姻関係が破綻した場合には、離婚請求が認められます。
 精神的暴力も許されないことは、DV防止法からも明らかです。
 しかし、精神的暴力があるからといって、必ず離婚できるわけではありません。
 それにより、婚姻関係が破綻しなければなりません。
 今すぐ逃げ出す必要がある緊急性の高い案件の場合、私はまずは警察に相談することをおすすめしています。
 警察からシェルターなどに電話をしてもらえることもありますし、私たち弁護士が裁判所の手続(保護命令)を利用する際も、警察に相談をしておけばスムーズです。
 家をでる際は、生活必需品や通帳、知人の連絡先のメモなどを忘れないようにして下さい。
 「保護命令」とは、裁判所に、
『6ヶ月間は面会を強要したらだめですよ』
 などの命令を出して貰う手続です。
 それなりの立証は必要ですが、強制力の強い手続です。
 (命令に違反したら、刑事罰があります。)
 DV案件では、我々弁護士も、相手方に依頼者の住所を知られないように、細心の注意を払う必要があります。調停や訴訟で「絶対に相手方と接触させない」とまで約束することはできません。しかし、出来る限り接触させない工夫はできますので、弁護士にご相談下さい。

電話・オンライン・面談相談 初回相談無料・土日相談実施中

法律相談専用ダイヤル

ネットからの相談お申し込み

電話・オンライン相談での
対応可能案件

離婚・相続・交通事故・借金・刑事事件
労働・企業法務・裁判所からの書類対応

  • 利益相反禁止により相談をお断りする可能性があります。
  • ※電話相談は原則当日中の対応ですが即時対応ではございません。
  • ※匿名でのご相談は対応しかねます。
  • ※東海三県(愛知・岐阜・三重)および浜松周辺(静岡県遠州地区)以外にお住まいの方は、面談相談でのみ承っております。