法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

MENU

法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

弁護士ブログLawyer’s Blog

慰謝料

2009年11月4日

慰謝料という言葉は、一般用語として用いられていますが、慰謝料は相手方の行為によって受ける精神的苦痛を慰謝するためのお金のことです。・不倫による慰謝料について
 一番なじみがあるのは不倫による慰謝料だと思います。
 不倫による慰謝料は、不倫の期間、不倫の頻度などによっても変わりますが、おおよそ200万円から300万が認められることが一般的です。
 不倫による慰謝料が認められるためには、証拠が必要になります。相手方の携帯電話に不倫を内容とするメールがあれば、それを撮った写真、不倫相手と写っている写真、ラブホテルの領収書などは証拠になります。
Q相手方が不倫をしていると思うのですが、調査会社に依頼したほうが良いですか。
A調査会社によると思いますが、調査会社は不倫の調査に200万円ほどの費用を取っているようです。先に述べたように、不倫の慰謝料は2、300万ほどですから、経済的面からいえば、メリットは少ないといえます。
 この点を踏まえて、調査を依頼するかどうか判断してください。
 不倫による慰謝料は、不倫によって夫婦関係が破綻したことに対して認められるので、既に別居していたなど、不倫の前から既に夫婦関係が破綻していれば認められません。
 不倫による慰謝料が認められるためには、不倫の事実、それによって夫婦関係が破綻したことを立証していかなければなりませんから、弁護士に相談することをお勧めします。・DVによる慰謝料について
 DVについての慰謝料についても、まず、DVがあったことを立証することが必要になります。
 医者に診断書を書いてもらうのが一番良いのですが、診断書がなくても慰謝料が認められることはありますので、あきらめずに弁護士に相談していただければと思います。・その他の慰謝料について
 相手方が性交渉を理由もなく拒むなどの理由による慰謝料が認められた裁判例など、さまざまな事情による慰謝料が認められていますので、「こんな事情があるんだけど慰謝料は認められるの。」と疑問に思ったときは、お気軽に弁護士にご相談いただければと思います。

電話・面談相談初回無料相談土日相談実施中

法律相談専用ダイヤル

電話相談での対応可能案件

離婚・相続・交通事故・借金・刑事事件
労働・企業法務・裁判所からの書類対応

  • ※電話相談は原則当日中の対応ですが即時対応ではございません。
  • ※匿名でのご相談は対応しかねます。
  • ※東海三県以外にお住まいの方は、面談相談でのみ承っております。