重要なお知らせ

新型インフルエンザ特別措置法に基づく緊急事態宣言が一部解除されたことを踏まえ、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の事務所では初回面談法律相談の受付を再開いたしました。引き続き感染予防対策を実施して参ります。詳しくはこちらを覧ください。
【当事務所の感染防止対策はこちらをご覧ください】

法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

MENU

法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

弁護士ブログLawyer’s Blog

残業代の証拠

2010年2月11日

残業代の請求をする際は、タイムカードがとても重要になります。
労働者も会社も、タイムカードには記載されていない諸事情を主張します。
しかし、タイムカードが大きく間違っていない場合には、裁判所はタイムカードに沿った認定をすることが多いような印象を私は持っています。
では、タイムカードがない場合、どのような証拠を集めればよいのでしょうか。
一つは、残業時間を示したメモです。
できるだけ詳しく、ほぼ毎日記載されたメモがあれば、タイムカードがなくとも、残業代を認定して貰えることがあります。
このようなメモもない場合は、どうすればよいのでしょうか。
残業を行った事実は、労働者側が立証する必要があります。
なので、小さな事実を積み重ねる他ありません。
名古屋地裁は、かなり厳格な立証を求める印象があります。
 例えば、
・本人の記憶を書いた書類
・家族の記憶を書いた書類
・従業員の記憶を書いた書類
・会社のビルを警備している会社の記録
・パソコンなどの立ち上げ時間
・日記、ブログ
・携帯のメール
 などを、裁判所に提出することになります。
 他にも、
「製造された商品の個数×一つ作るのに必要となる時間÷従業員の人数=一人あたりの労働時間」
 という計算式により、労働時間を算出することも考えられます。
 実際には、タイムカードがない場合、労働者には不利だと言われています。
 しかし、絶対に認められないわけではありません。
 残業代の時効は、原則として2年です(例外もあります)。
 時効になる前に、一刻も早く請求をする必要があります。
 一度弁護士にご相談下さい。

電話・オンライン・面談相談 初回相談無料・土日相談実施中

法律相談専用ダイヤル

電話・オンライン相談での
対応可能案件

離婚・相続・交通事故・借金・刑事事件
労働・企業法務・裁判所からの書類対応

  • 利益相反禁止により相談をお断りする可能性があります。
  • ※電話相談は原則当日中の対応ですが即時対応ではございません。
  • ※匿名でのご相談は対応しかねます。
  • ※東海三県(愛知・岐阜・三重)および浜松周辺(静岡県遠州地区)以外にお住まいの方は、面談相談でのみ承っております。