法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

MENU

法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

弁護士ブログLawyer’s Blog

交通事故による視力低下

2010年3月31日

 交通事故で視力が低下した場合、損害額にどのような影響が出るのでしょうか。
 自賠責実務では、仮に視力が低下したとしても、メガネやコンタクトレンズで矯正できるのなら、労働能力は失っていないと考えるのが、通常です。
 いつもメガネを掛けている私からすれば、メガネと裸眼ではできることが異なるように思われます。
 当事務所では愛知総合FCというフットサルチームがありますが、裸眼の方が動きやすいだろうな〜と、日々感じております。
 労働能力にも、おのずと差が出てくるようにも思うのですが、残念ながら、労働能力の低下は認めないのが通常です。
 ですので、矯正した視力がどの程度か、従前と比較して低下しているのかが、重大なポイントとなります。
 但し、仮に矯正すれば視力が元に戻るとしても、
 例えば東京地裁平成13年4月11日は、
 「矯正視力の程度からすれば労働能力が一部失われたと見ることはできず、慰謝料の算定に当たって考慮すべきである」
 としており、慰謝料増額事由にはなり得ます。

 交通事故による視力低下が自賠責の後遺障害と認定されなかった場合であっても、何らかの請求が可能な場合もありますので、まずは弁護士にご相談下さい。

電話・面談相談初回無料相談土日相談実施中

法律相談専用ダイヤル

電話相談での対応可能案件

離婚・相続・交通事故・借金・刑事事件
労働・企業法務・裁判所からの書類対応

  • 利益相反禁止により相談をお断りする可能性があります。
  • ※電話相談は原則当日中の対応ですが即時対応ではございません。
  • ※匿名でのご相談は対応しかねます。
  • ※東海三県以外にお住まいの方は、面談相談でのみ承っております。