法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

MENU

法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

弁護士ブログLawyer’s Blog

弁護士会活動

2011年4月14日

弁護士 勝又敬介

弁護士の仕事というと、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。 テレビドラマの影響で、被告人とガラス越しに面会したり(法律的には「接見」といいます)、刑事事件の現場に調査に行って遺留品を探したり、法廷で尋問をしたり、ということを思い浮かべる方もいるかもしれません。 実際のところ、被告人との接見にはしばしば行きますが、弁護士が事件現場に行って重要な遺留品を発見する、というドラマのようなことはまずありませんし、法廷で尋問をする機会は必ずしも多くはありません。 普通は依頼者や相手方の話を聞いたり、書類を書いたり、裁判所と事務的なやりとりをしてみたりといった、端から見ているとあまり動きがない時間が多いものです。 さて、こういった各弁護士が担当している民事や刑事の事件の他に、弁護士が結構大きな時間を割いているのが、弁護士会での活動です。 弁護士はそれぞれ、概ね都道府県単位で弁護士会に加入しています。 私の場合は名古屋で弁護士業をしていますので、愛知県弁護士会に登録しています。 弁護士会には、多くの委員会があり、弁護士会が行う公益的な活動等の中心となっています。 委員会活動は、基本的には頑張ってもお金にはならないので、あまり熱心にやらない弁護士もいますが、当事務所は所長の村上が愛知県弁護士会の会長を務めたのを筆頭に、比較的委員会活動を熱心にやる弁護士が多いようです。 かくいう私も、消費者問題対策特別委員会、交通事故相談センター運営委員会、多重債務対策本部、という3つの委員会に所属して活動しており、この春から消費者問題対策特別委員会の信用部会長という仕事を仰せつかりました。 この部会では、多重債務問題に関連する法律相談のガイドラインを作成したり、多重債務問題に関する研修の準備をしたり、といった業務が中心で、やることもそれなりに多く、部会の構成員もかなり多い方ですが、皆さん必ずしも熱心に委員会に出席する方ばかりではありません。 弁護士という仕事は公益的な側面もあるので、なるべくこうした活動にも力を入れることが弁護士としては望ましい姿だと思いますし、またそのことで弁護士としての経験の幅が広がり、業務にも役立てばいいなあ、などと考えています。

津島事務所1ヶ月

2011年4月7日

津島事務所事務局

名古屋事務所、小牧事務所に次いで,3月1日に津島事務所が開所いたしました。 津島市・愛西市・あま市,稲沢市近郊で初めての法律事務所ということもあり、相続・債務整理・離婚・交通事故など多くのご相談をいただいております。 私は事務員なので接する時間は短いですが、それでも対応させていただいたお客様より「やっと身近に相談できる場所ができて本当によかった」等とお声をいただいたときは,地域の皆さまに迎えていただけることに感謝の気持ちを抱くと同時に、ご期待を裏切らないようにと責任を感じます。 これからも,弁護士が事件に集中して取り組めるように、しっかり依頼者と弁護士との架け橋として、津島事務所を地域に根付かせるよう仕事に取り組んでまいります。

電話・面談相談初回無料相談土日相談実施中

法律相談専用ダイヤル

電話相談での対応可能案件

離婚・相続・交通事故・借金・刑事事件
労働・企業法務・裁判所からの書類対応

  • ※電話相談は原則当日中の対応ですが即時対応ではございません。
  • ※匿名でのご相談は対応しかねます。
  • ※東海三県以外にお住まいの方は、面談相談でのみ承っております。