法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

MENU

法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

弁護士ブログLawyer’s Blog

法律事務所の書籍

2012年5月1日

名古屋丸の内本部事務所 弁護士 西村信俊

当事務所の書籍係を担当しております,弁護士の西村信俊です。

 

突然ですが,法律事務所の1年間の書籍代は,いくらくらいだと思われますか?私が当事務所の書籍代を調べてみたところ・・・ちょっと驚くほどの金額でした。車好きの人であれば,車の買い換えを考えてしまいそうな金額です。そんな当事務所の自慢は,交通事故に関する文献がきわだって充実していることと,医療関係の最新の資料が数多くそろっていることです。気になるのは,私が執筆者に名を連ねている弘文堂「入門 法科大学院 実務法曹・学習ガイド」が事務所の書架に並ぶ日が来るかどうかですが・・・その日は来ます!きっと,来るはずです!

 

さて,当事務所の弁護士は,事務所が購入する書籍以外にも,自分たちで,各自の専門分野に合わせて書籍を購入しています。弁護士は,数多くの文献を調査して事件を解決する職業ですから,「書籍は弁護士の商売道具そのもの」といってよいでしょう。

 

当事務所では,弁護士1人1人に対して,かなり大きな書庫が支給されています。その中でも,檀浦康仁弁護士の「檀浦ライブラリー」や,永井康之弁護士の「刑事弁護ライブラリー」は特に有名です。彼らの蔵書は本当に充実していて,貴重な専門書がふんだんに取り揃えられています。かくいう私も,去年1年間で約30万円分の書籍等を購入しました。中には,事件解決に必要な専門書だけでなく,外国人関連の事件で必要になった外国語の書籍や,ビジネス文書のルールに関する書籍などもありました。

 

私たちは,文献・資料を大切にする弁護士の文化を,これからも大切に育んで行きたいと思っています。また,私たちは,事務所の書籍をさらに増強し,蔵書の質・量において名古屋で一番の法律事務所でありたいと考えています。

電話・面談相談初回無料相談土日相談実施中

法律相談専用ダイヤル

電話相談での対応可能案件

離婚・相続・交通事故・借金・刑事事件
労働・企業法務・裁判所からの書類対応

  • 利益相反禁止により相談をお断りする可能性があります。
  • ※電話相談は原則当日中の対応ですが即時対応ではございません。
  • ※匿名でのご相談は対応しかねます。
  • ※東海三県以外にお住まいの方は、面談相談でのみ承っております。