法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

MENU

法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

弁護士ブログLawyer’s Blog

裁判官の転勤

2017年4月3日

名古屋丸の内本部事務所 弁護士 水野 憲幸

3月は裁判官の転勤の時期です。

概ね3年程度で、転勤が行われます。

当職も行くことが多い、名古屋地方裁判所においても多数の裁判官が転勤されました。

裁判官の転勤によって、事件の担当裁判官が交代することになります。

裁判官によって、考え方が異なることがあり、裁判官が交代することによって、有利になることもあれば、逆に不利になってしまうこともあり得ます。

裁判官の交代は、避けることができませんので、対策を講じる必要があります。

特に、本人尋問、証人尋問などの尋問における言外の印象を、新しい裁判官にも理解してもらう必要があります。

尋問が行われた後は、尋問調書という形で、書面で記録が残り、引き継がれることになります。

そのため、質問に対して、即答したのか、沈黙した後に回答したのか等の尋問に対する反応、動作、感情の起伏等は、尋問の際に、言葉として、調書に残る形にする必要があります。

これらは、弁論の全趣旨として、裁判官の心証形成に影響することが考えられるからです。

できる限り、書面として残る形にすることが必要となります。

これらの対策は、控訴審等においても生きることとなります。

控訴審等においても、第一審の記録を見て、判断が行われるためです。

愛知総合法律事務所は、多数の弁護士が在籍しているため、裁判所には、当事務所の事件が多数係属しています。

そのため、裁判官の情報についても、情報を共有することができることも強みの一つとなります。

交代した新しい裁判官についても、情報を共有していくこととなるでしょう。

裁判官が交代する事件も、そうでない事件もありますが、4月から、改めて、気持ちを引き締めて職務に邁進していきたいと思います。

電話・面談相談初回無料相談土日相談実施中

法律相談専用ダイヤル

電話相談での対応可能案件

離婚・相続・交通事故・借金・刑事事件
労働・企業法務・裁判所からの書類対応

  • ※電話相談は原則当日中の対応ですが即時対応ではございません。
  • ※匿名でのご相談は対応しかねます。
  • ※東海三県以外にお住まいの方は、面談相談でのみ承っております。