法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

MENU

法律相談専用ダイヤル

052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

弁護士ブログLawyer’s Blog

弁護士の行う調査

2019年2月1日

名古屋丸の内本部事務所 弁護士 木村環樹

愛知総合法律事務所の弁護士の木村です。

 

交通事故、離婚問題、相続問題などの依頼を受けた場合、弁護士は、事件に関する情報や証拠を収集するために、弁護士会照会を行うことがあります。

これは、弁護士法第23条の2に基づくものです。

例えば、相手方に対し、裁判を行いたいが、相手方の住所が分からない場合、相手方の携帯電話番号が判明していれば、携帯電話会社に対し、その番号の契約者氏名・住所などの照会依頼をかけて、住所が判明することがあります。

また、交通事故で、事故状況の証拠を収集するために、刑事記録(実況見分調書など)を入手するために利用しています。

 

 このように、弁護士は依頼者から依頼を受けた後に、弁護士会照会を通じて、様々な情報や証拠を入手することが可能です。

 弁護士に相談する際には、弁護士に依頼した場合には、どのような調査・証拠収集が可能かについても質問されると良いかと思います。

 

 

 

電話・面談相談初回無料相談土日相談実施中

法律相談専用ダイヤル

電話相談での対応可能案件

離婚・相続・交通事故・借金・刑事事件
労働・企業法務・裁判所からの書類対応

  • 利益相反禁止により相談をお断りする可能性があります。
  • ※電話相談は原則当日中の対応ですが即時対応ではございません。
  • ※匿名でのご相談は対応しかねます。
  • ※東海三県(愛知・岐阜・三重)および浜松周辺(静岡県遠州地区)以外にお住まいの方は、面談相談でのみ承っております。