法律相談は愛知総合法律事務所 春日井事務所の弁護士にご相談下さい!|春日井事務所

初回60分無料 面談相談 受付中

電話予約0568-83-8177

受付時間 平日9:30から17:30まで

WEB予約 24時間受付中
アクセスマップアクセスマップ
ご相談はこちらご相談はこちら

解決事例

離婚後10年近く経過してから親権者変更を行った事例

ご相談内容

 約10年前の離婚の際,夫(子の父親)が親権を取得しました。しかし,最近になって子が父親からの虐待を理由に児童相談所に保護されました。子は保護先の施設で暮らしており,母親である自分のもとで暮らしたいと言ってくれていますが,親権者である父親が面会を認めないのでここ数か月全く会えていません。

解決事例

 親権者変更の調停とともに,父親の親権者としての職務の執行を停止し,その職務代行者に母親を選任する旨の審判前の保全処分の申立てを行いました。1か月程度で母親を職務代行者とする旨の保全処分が出ました。 なお、その後無事親権者変更を認める審判も出ていますが、調停申し立てから審判までは半年程度かかっています。

ポイント

 親権者変更では,現在の養育状況に問題があるかが重視されます。 この事例は、相手方に約10年間の監護実績があるという面はあったものの,既に子が施設に保護されていること,子自身が親権者の変更を望んでいることなどから,比較的あっさり親権者変更は認められました。 親権者変更や子の引き渡しを請求するときは保全処分を行わないと結論が出るまで長期間かかることには注意が必要です。本事例は,保全の必要性の主張がやや難しい案件でもありました(施設に保護されているのに親権者変更の緊急性があるのか?)が、無事に保全処分も認められました。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。

離婚問題で悩んだら...
迷わずご相談ください!

面談・オンライン・電話いずれも初回相談無料¥0

電話からのお申し込み

0568-83-8177

平日9:30から17:30まで

ネットからのお申し込み

法律相談申込フォーム
離婚専門ページTOPへ