養育費増額請求を排斥する事に成功した事例

初回60分無料 面談相談 受付中

電話予約052-212-5275

受付時間 平日・土日 9:30から17:30まで

WEB予約 24時間受付中
アクセスマップアクセスマップ
ご相談はこちらご相談はこちら

解決事例

養育費増額請求を排斥する事に成功した事例

ご相談内容

Yさんは,元妻Xと公正証書で養育費を定めた上で離婚しましたが,子が大学に進学したタイミングで養育費増額請求調停を申し立てられました。離婚後も,元妻XはYさんに対して塾代等を請求してきており,Yさんは子のためと思って,これまで高額の支払にも応じてきていました。Yさんとしては,これ以上の支援は困難だったことから,元妻Xからの増額請求への対処に困り,ご相談に訪れました。

解決事例

調停では,養育費増額の必要性及び特別費用として支払に応じるべき事情の有無等が争点となりました。
Yさんは元妻と離婚して数年しか経っておらず,増収等の事情変更はありませんでした。
また,Yさんはこれまで任意に高額な支払に応じてきた実績がありました。
弁護士から上記事情を詳細に主張することで,元妻Xからの請求を排斥することができました。

ポイント

離婚後の養育費増額請求は,元配偶者とのやり取りを要することから精神的負担が大きくなりがちです。
また,養育費増額や特別費用としての支払いの必要性等は,専門的な判断を要します。
子の扶養に関するため,どこまでの責任を果たすか心理的な葛藤が生じやすいところだと思います。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。

離婚問題で悩んだら...
迷わずご相談ください!

面談・オンライン・電話いずれも初回相談無料¥0

電話からのお申し込み

052-212-5275

平日・土日 9:30から17:30まで

ネットからのお申し込み

法律相談申込フォーム
離婚専門ページTOPへ