静岡で離婚・調停・養育費問題は弁護士の無料法律相談へ

初回60分無料 面談相談 受付中

電話予約054-201-9677

受付時間 平日 9:30から17:30まで

WEB予約 24時間受付中
アクセスマップアクセスマップ
ご相談はこちらご相談はこちら
離婚問題 Personal

離婚について弁護士
無料相談

面談・お電話・オンラインともに
初回相談無料です。
面談が困難な方でもお気軽にご相談ください。土日のご相談も対応しています。

無料相談の流れはこちらから

年間2000件以上のご相談

東海地区最大規模の愛知総合法律事務所には男性弁護士・女性弁護士が在籍し、豊富な実績と経験をもとに、あなたをサポートします。

離婚専属スタッフが対応

離婚問題を専門に取り扱っている専属スタッフがあなたの味方となって対応しますので、何でもご相談下さい。

ワンストップで対応

調停や裁判など離婚に関する手続きや問題解決はもちろん、離婚後のお金に関する事までワンストップで対応。

離婚について弁護士に無料相談
離婚について弁護士に無料相談

離婚についてこんな
お悩みございませんか

  • 離婚したいけど、離婚した後の生活が心配
  • 夫(妻)が暴言を吐くけど、これはDV?
  • 浮気しているかも
  • 離婚したら子どもと一緒に暮らせるのか
  • 離婚したけど、養育費を支払ってもらえない
  • 離婚後に親権を取り戻したい

離婚問題当事務所
選ばれる理由

  • 理由1

    初回相談無料・電話での相談もOK

    面談・電話相談・オンライン相談、いずれかの1回目のご相談は無料です。また面談は1時間無料でご相談頂けます。
    詳しくはこちらをご確認下さい。

  • 理由2

    18時以降でも面談相談OK

    日中仕事があるから遅い時間しか面談に行けないという場合でも可能な限り対応させていただきます。
    まずは、お電話にて、ご希望の時間帯をお知らせ下さい。

  • 理由3

    女性・男性弁護士が在籍している

  • 理由4

    離婚専門の専属スタッフがいる

    離婚問題のみ取り扱いをしているスタッフがおりますので、こんな質問を弁護士にしていいのかな?と思うような細かなことでも、何でもご相談下さい。一緒に離婚問題を解決していきます。

  • 理由5

    離婚の手続き~住宅ローン・保険・年金等の問題まで一挙に解決できる

    平日役所に行って戸籍謄本を取得するなど各種書類の取得・提出を行う事は、働いている方にとっては非常に大変な労力ではないでしょうか。当事務所には弁護士だけではなく、司法書士、税理士、社会保険労務士が在籍しておりますので、離婚に関する手続きからお金の問題(住宅ローン・税金・保険・年金等)を一挙に解決できます。

  • 理由6

    離婚に向けた流れがわかりリスクを軽減できる・精神的負担が軽減できる

    弁護士は様々な離婚問題の現場を見ています。そのため、リスクに繋がる事を回避するためにはどうしたらよいか、という視点で交渉やアドバイスを行う事が出来ます。離婚の切り出し方や、別居のタイミング等、離婚の話し合いを有利に進めるためには、弁護士にご相談することをおすすめします。弁護士に依頼することで、相手方との直接のやりとりも避けることができ、精神的負担も軽減されます。

  • 理由7

    お子様連れでも安心して相談できる

    お子様用のイス、絵本、パズル等をご用意しております。お子様連れでも安心してご相談していただくことができます。

  • 理由8

    東海地方(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県)及び東京都に複数の事務所

    愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・東京都に事務所を開設しております。
    お近くの事務所にお気軽にお立ち寄り下さい。

静岡事務所での法律相談

静岡事務所での離婚相談

静岡事務所では、初回無料法律相談を行うことで、離婚問題でお困りの静岡にお住まいの方が気軽にご相談いただけるようにしております。

離婚相談者の方には小さいお子さんを連れてくる方もいらっしゃいます。静岡事務所においては、お子さんを連れてきていただいても相談対応可能です。お子さんを預けることができずに相談をできないという方は、安心して相談をしに来ていただければと思います。

離婚相談の内容としても、離婚の話をしていく上での別居の段取りから相談を受けてアドバイスをすることがあります。別居の段取りの段階から相談・委任を検討いただくことは、その後の離婚交渉をする上でも、安心して進めていけるかと思います。このように別居の段取りから離婚に向けて相談したいという方も是非、静岡事務所まで気楽にご相談いただければと思います。

今まで解決してきた
離婚問題
事例

解決事例集では、これまで当事務所が解決してきた離婚問題を、性別、現在の状況、年代、関連事項、離婚の種類別に分類しました。
離婚問題解決に向けての道しるべになれば幸いです。

性 別
現在の状況
年 代
関連事項
離婚の種類

離婚手続・親権・慰謝料・
養育費
について

離婚の種類について

協議離婚について


協議離婚とは、裁判所の手続きを使わないで、話合いにより解決する離婚の方法です。そもそも相手方と話ができないという場合は、この段階から、弁護士に相談・委任をして協議離婚を目指す場合もあるかと思います。

協議離婚において、離婚条件を条項の形で残すために、離婚協議書を作成することがあります。離婚協議書について作成方法がわからない場合は、離婚協議書作成について弁護士に相談・委任をすることが考えられます。離婚協議書について、公正証書の形で作成しておく事も考えられます。


調停離婚について


調停離婚とは、裁判所の手続ではありますが、話合いで離婚を目指す手続きです。調停委員を通じて離婚条件について、合意形成ができるかどうか双方の話を交互に聞きながら進めていく手続きです。 裁判所の手続きではありますが、あくまで話し合いの手続きなので、条件に折り合いがつかないと調停不成立となってしまう場合もあります。

条件に折り合いがつき、調停離婚ができる場合は、調停調書の形で離婚条件について記載された裁判所作成の文書を受けとることができます。 調停において、調停委員にうまく自分の考えが伝えられない、調停委員の言っていることが理解できない等、ご自身で調停手続きを進めていくことに不安がある人や、そもそも調停申立て自体を自分ですることが難しそうと思う方は、弁護士に相談・委任することが考えられると思います。


離婚訴訟とは

離婚調停においても、話合いで離婚の合意をすることができなかった場合は、裁判により離婚を目指すことになります。 何でも認められるわけではなく、民法に定められた離婚事由が認められる必要があります。 話合いで離婚をすることができず、裁判により離婚をすることを考える場合は、離婚事由が認められるかどうかの見通しを知りたいとか、訴訟追行を弁護士にお願いしたいという時に、弁護士に相談・委任を検討することが考えられると思います。


離婚弁護士

弁護士への離婚相談

離婚事件においては、親権について争いが起きることは多いです。静岡事務所においても、親権に争いがある離婚のご相談は多数受けております。親権について争いになった時に、どのような事情を考慮して親権について判断されるのかわからないと、親権に対する判断の見通しが立たないかと思います。

静岡事務所においては、これまでも親権について争いたいという相談者・依頼者に対し、親権の判断についての一定の見通しをお伝えすることで、離婚に向けてどのように話合いを進めていくべきかアドバイスをしてきました。やみくもに争ってもどうしようもない面があるので、親権に争いがある場合は、弁護士に相談・委任して見通しを持った上で話合いをした方がいいと思います。

また離婚事件は、お金についても絡んでくることから、中々話合いが進まないことがあります。静岡事務所においては、お金の絡む問題についてのご相談も多数受けてきております。

例えば、財産分与についても、どのような財産が財産分与の対象になるか、財産分与の基準時はいつか、特有財産についてなど、専門的な判断が伴うものです。知らないと財産分与の額について、損をする場合もあるかと思います。

他にも、婚姻費用・養育費もお金が絡んでくるものです。婚姻費用・養育費についても、実務的にどのように算定されるかなど、知らないと損する場合があります。慰謝料請求についても、お金が絡むものです。お金について損しないためにも、財産分与、婚姻費用・養育費や慰謝料について、弁護士に相談・委任を考えてみるのはありだと思います。