ご相談窓口

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

ご相談窓口

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

弁護士コラム
Column

がらくた物の味

2006年06月05日
弁護士 上野 精

「がらくた物の味」
TVでおなじみの「なんでも鑑定団」に登場する陶磁器には、時に思わずはっとさせられる名品が出るかと思えば、ひょっとして贋作ではという品が登場し、それが担当鑑定士の定評のあるコメントにより「名品」が「贋作」に、「贋作」かと内心思っていた物が「名品」であることが明らかになり、思わず「うーん」とうならせられることがある。
北陸は「九谷焼」で知られる金沢で育ったせいか陶磁器(というより焼き物というべきか)には何となく心惹かれるものがあり、裁判官として各地を転勤していた時代には、その土地土地で焼き物を最低1点は手に入れようと心がけてきた。そうはいってもさしたる審美眼もなく、経済力に乏しい身としてはどうしても小品で日常使用できるものが中心となり、気がついてみるとその殆どが「ぐい飲み」であり、その他多少の茶碗類(抹茶用・煎茶用)、花器といったところである。
勿論「なんでも鑑定団」に鑑定依頼する「名品」ではなく、世に言う、がらくた物に類する品ばかりであるが、買い入れた身としては、その土地の思い出と重なり合い「ぐい飲み」であれば酒の味が一段と旨味を増し、「茶碗」であればお茶の味のみならず色も香りも一段と引き立つように思われる。
とりわけ、手にとってたなごころ(掌)に乗せたときの、また唇に当てたときの感触のそれぞれに微妙な差違を楽しむことができ、ストレス解消の至福のひととき(中身の賞味の点をふくめて)となる。ということで、今宵も秘蔵、展示に相応しい「名品」とは縁のないがらくた物のぐい飲みに地酒を入れて楽しむことにしよう。

「サギ」にご用心

2006年05月20日
弁護士 上野 精

「サギ」にご用心
姉葉建築士の不祥事関連で、木村建設やヒューザーのトップが詐欺容疑で逮捕されことをはじめ、このところ毎日のように「振り込め詐欺」や「ネット詐欺」の記事が新聞、テレビの報道を賑わしている。上場近しということで値上がりを期待して未公開株式を買い受けたという類の話もいっこうに後を絶たない。
こういったニュースに接していると人間の「欲」とこれにつけ込む人間の「狡猾」さに辟易するばかりである。
それはともかく、このような詐欺被害に遭う人たちに共通していえることは、たやすく人の言うことを「信用」することにあるようだ。とすると詐欺に遭わないための心構えは、「信用」をひっくり返して「用心」が第一と言うことになる。言うなれば、金を出す前に、この世知辛い世の中でそんなうまい話があるはずがないと眉につばをつけて考えてみることだ。
そういった目で見ると、人間の「欲」と言うより親や身内の愛情につけ込む点から言っても「振り込め詐欺」は金額の如何によらず罪深く、厳罰に値すると言って良いのではなかろうか。
このような世間一般の「サギ」話のほか、事業経営に関連するものとしては、昔から「根保証」がらみのものに始まり、「パクリ屋」、「整理屋」、果ては「取り込み詐欺」等々様々なものがある。しかし、洋の東西を問わず、また、時代を問わず広く世人の関心を呼ぶのは、男と女の騙し合いと言うことになろうか。
もっともこの点についてご披露するほどの経験の無い身としては、指摘程度で筆を擱くのが無難であろうということで悪しからず。